プロフィール

photo_main

大木トオル 東京都日本橋人形町生まれ。76年渡米、ニューヨーク在住。日本人ブルースシンガーとして初めてアメリカ永住権を取得。日米のブラック・ミュージックの架け橋となり、数多くの全米コンサートツアーを成功させるとともに、プロデューサーとしても多くのBIGアーティストを育てる。同時に、動物愛護家として日米親善に尽くし、動物介在療法のすて犬のセラピードッグ育成のパイオニアとして70年代より活躍。社 ▼続きを読む

ミスター・イエロー・ブルース

photo_03

イントロダクション 1970年代のアメリカに単身渡り、ブルースの本場の人々のこころを掴み、「Mr.イエロー・ブルース」と呼ばれ、全米コンサートツアーで成功を収めた唯一の日本人。ブルースの巨人たちとのセッション、幅広いジャンルでの音楽プロデュースを敢行した大木トオル。 1968~1979 1968 大木トオル、ブルースシンガーとして全国各大学をはじめ日本各地で ▼続きを読む

ディスコグラフィ

photo_04

アルバム MANHATTAN MIDNIGHT レーベル:ソニーレコード 発売日:1979 史上最強のブルースバンドといわれ、センセーショナルに登場した「TORU OKI BLUES BAND」。 その伝説のバンドがニューヨークのエレクトリック・レディランド・スタジオで収録した、名曲「EVERYNIGHT WOMAN」、「TEN DOLLAR ENGEL」などを収めた名盤。 ▼続きを読む

ライフワーク

photo_02

イントロダクション 人間に殺される寸前に助け出された捨て犬。その捨て犬をそれまでの常識を覆してセラピードッグに育成し、年間約12,000名の高齢者、障がい者のライフケアーを行い、日本におけるセラピードッグの歴史に新たな一ページを開いた大木トオル。 アメリカでブルースシンガーとしての活動を続ける大木トオルは、セラピードッグという新たな世界に出逢うことになります。彼はライフワークとして、日本にセラ ▼続きを読む