ミスター・イエロー・ブルース

イントロダクション

1970年代のアメリカに単身渡り、ブルースの本場の人々のこころを掴み、「Mr.イエロー・ブルース」と呼ばれ、全米コンサートツアーで成功を収めた唯一の日本人。ブルースの巨人たちとのセッション、幅広いジャンルでの音楽プロデュースを敢行した大木トオル。

1968~1979

1968
  • 大木トオル、ブルースシンガーとして全国各大学をはじめ日本各地でコンサートを決行。
1971
  • B.B.キングが初来日を果たす。
1973
  • 大木トオル、プロデューサーとしてダウン・タウン・ブギウギ・バンド、クールス、シャ・ナ・ナ(U.S.A.)などをてがける。
  • スリーピー・ジョン・エステスの「スリーピー・ジョン・エステスの伝説(The Legend of Sleepy John Estes)」がオリコン・チャートに食い込む大ヒットとなる。
1974
  • 結核に倒れ、2年半にわたり闘病生活を送る。
1976
  • 渡米。カリフォルニアの黒人街パコイマでビッグ・ママ・ファミリーと共に生活。01
  • ゴスペルミュージックと出会い、ブルースシンガーとして再起し、ブルース・セッションマンとして全米各地で活動。
1977
  • N.Y.で「TORU OKI BLUES BAND」結成。02
1978
  • 12月、在日米軍慰問特別公演のため来日。厚木、横須賀、上瀬谷、そして空母”ミッドウェイ”で公演、在日米軍兵に絶賛される。40
1979
  • アルバム「MANHATTAN MIDNIGHT」シングル「Everynight woman」をリリース。
    album01
  • イーストコーストをはじめ全米ツアーに成功。41
  • 10月、初の凱旋日本公演のため来日、大成功を収める。

1980~1989

1980
  • アルバム「BROADWAY SHUFFLE」、シングル「GOING BACK TO CHICAGO」、「SAYONARA DARLING」をリリース。
    04
  • 7月、再来日し、全国10箇所で公演。
1981
  • 全米ツアー開始。
  • アルバート・キングとの奇跡のスーパーセッション・アルバム「TORU OKI BLUES BAND featuring ALBERT KING」をリリース。05
  • ミスター・イエロー・ブルース・大木トオルとしてNBC・全米テレビニュースに出演。
1983
  • N.Y.”ボトムライン”にスペシャルゲスト出演。
  • ザ・ナイト・ホークス、ジョン・ハモンド、ビリー・ジョエルとのスーパーセッションに成功。08

    07

    06

  • 3度目の日本公演のために来日。全米最強のライブ・バンド、ザ・ナイト・ホークスをバックに全国各地を公演。
  • 9月17日、ミシシッピのグリーンビルでブラック・ミュージックの伝統ある第6回ミシシッピ・デルタ・ブルース・フェスティバルに 東洋人として初めてスペシャルゲスト出演。動員数3万人。09
  • ABC TVの”エンターテイメント トウナイト”をはじめ多数の番組に出演。
  • 自伝「伝説のイエロー・ブルース」(文藝春秋社)を発刊。
1984
  • 全米ツアーを開始。N.Y.”ボトムライン”へのゲスト出演をはじめメンフィス、アラバマ、ナッシュビルでジョン・リー・フッカーと共演。
  • サンフランシスコ・ブルース・フェスティバルおよび2度目のミシシッピ・デルタ・ブルース・フェスティバル出演。10
  • アルバート・キング、ボー・ディドリー、スティービー・レイボーンと共演。動員数3万5000人。
  • ノース・キャロライナ・ブルーライト・ブギ・フェスティバルにゲスト出演。
  • ザ・ナイト・ホークスとのライブ・アルバム「BAD BOY-LIVE」、シングル「MIDNIGHT TRAIN」をリリース。
    11
1985
  • 5月、アルバム「KEEP ON RUNNING」をリリース。12
  • 6月、4度目の日本公演のためザ・ナイト・ホークスと来日。14
  • 11月、横須賀ベイ・エリア・スペシャルコンサートとして”戦艦三笠”内で特別公演。
  • アルバム「EAST BAY SIDE STORY」をリリース。East-Bay-Side-Story
1987
  • U.S.オールスターズとともにレコーディング。
  • 9月、ベン・E・キングとのジョイント・アルバム「I’LL BE ALRIGHT」をリリース。16

    17

  • 大木トオル&ベン・E・キングとのジョイント・コンサートのため来日。全国各地で話題になる。
1988
  • 9月、6度目の日本公演。ザ・ナイト・ホークスと全国各地を公演。
  • 岐阜の未来博に特別出演し、好評を博す。
1989
  • アメリカ南部のコンサートツアーを開始。アラバマ、メンフィス、ナッシュビル、ジョージア、そして9月16日、ミシシッピ・デルタ・ブルース・フェスティバルに3度目の出演。動員数5万人。
    デルタブルース
  • 12月、7度目の日本公演のために来日。東京、横浜でクリスマス・コンサートに出演。

1990~1999

1990
  • 12月、8度目の日本公演。ゴードン・エドワーズ&スタッフⅡと特別公演。
    46
  • CDアルバム「MANHATTAN MIDNIGHT」をリリース。
    album01
1991
  • 第33回グラミー賞TVスペシャルに、N.Y.でゲスト出演。19

    20

  • 美空ひばりさんの要望により大木トオルが作詞、作曲した幻の曲「魂のかけら」を、ひばりさん亡きあと、韓国のスーパースター、パティ・キムの歌唱によりリリース。プロデューサーとしてもTVに出演。
  • 11月、ベン・E・キングとのスーパーデュオ「The MANHATTAN Brothers」を結成。コンサートツアーを日本全国9箇所で実施。21
  • アルバム「The MANHATTAN Brothers」をリリース。a
1992
  • 3月、初めて日本語でのシングルCD「悲しい歌」をリリース。
  • 音楽生活25周年を迎え、特別企画として日本全国ライブハウスツアーを決行。
1993
  • CD「BEST OF TORU OKI」をリリース。アンコール・JAPANツアーを決行。
  • 自伝「伝説のイエロー・ブルース」(講談社)講談社文庫として再版。
1994
  • アンコール・JAPANツアーを行う。
1995
  • N.Y.スペシャルとして、日本ツアー(全国30箇所公演)。
1996
  • CD「BEST OF TORU OKI」を再リリース。23
  • 6月、ワシントンDC、ボストン、N.Y.、U.S.イーストコースト・ツアー開始。
  • 7月、12月、ライブスペシャル決行。
1997
  • U.S.イーストコースト・ツアーを行う。
  • エルビン・ビショップ&ナイトホークスと共に全国10ヵ所で日本公演を行う。24
1998
  • N.Y.ブルース・フェスティバルにゲスト出演。
  • U.S.イーストコースト、ボストン、ヘッドフォード、N.Y.などでツアーを行い、N.Y.ポスト紙などに大きく取り上げられる。
    25
1999
  • 9月、音楽生活30周年アニバーサリー日本ツアー(東京厚生年ホール他)。ベン・E・キング、エルビン・ビショップ、ナイトホークス、チャー、クールス等がかけつける。
  • 30周年アニバーサリーベストアルバム発売。
  • シングル「スイートソウルミュージック」リリース。
  • 幻の名盤「TORU OKI BLUES BAND featuring ALBERT KING」をCDで再リリースする。
  • 「キラ星たちのレクイエム(鎮魂歌)」(成文堂新光社)発刊。

2000~現在

2001
  • 5月、スイートソウルツアー、ゴードン・エドワーズ&STUFFを率いて全国7箇所で日本公演を行う。
  • 10月、N.Y.テロ追悼チャリティー・コンサートに、東洋人として唯一出演。
  • avex group移籍。
2002
  • 3月、アルバムCD「SWEETHOME TOWN」リリース。26
  • 日本公演ツアー、ふる里日本橋水天宮で凱旋公演。
    15
2003
  • 5月、アルバムCD「Soulful」をリリース。
  • 映画「犬と歩けば チロリとタムラ」の主題歌「Sweet Little Darling」を収録。大木トオル自身も、この映画に特別出演する。
  • ブルース生誕100年を記念してアメリカ合衆国議会により、「ブルースの年」と宣言。
2004
  • ふる里日本橋で捨て犬たちのセラピードッグ育成のため、チャリティー・コンサートをスタート。
  • 「名犬チロリ」(マガジンハウス)発刊。
2005
  • 2月、スペシャルオリンピック世界大会聖火リレーに参加。42
  • 12月、大木トオルとセラピードッグ「名犬チロリ」の公認記念切手が全国の郵便局で発売。43
  • 全国で捨て犬救済セミナーを行い、日米の動物愛護の架け橋となる。
2006
  • Dreammusicに移籍。
  • 9月、惜しまれながらこの世を去った名犬チロリに捧げるシングルCD「アイ・コンタクト」をリリース。
  • 「アイ・コンタクト 最強のセラピードッグ~名犬チロリ写真集」(バットコーポレーション)発刊。
2007
  • 5月、築地川公園に名犬チロリの記念碑が建立される。44
  • 全国で捨て犬たち救済の公演を行う。
2008
  • 音楽生活40周年アニバーサリー・メモリアル・ニューヨーク・レコーディング。
  • 11月、ニューCD「Singin’ The America」をリリース。38
  • 12月、クリスマス・チャリティー・ディナーショーより、全国公演スタート。
2009
  • 日本各地でチャリティー・コンサート。
  • 12月、恒例のクリスマス・チャリティ・ディナーショー。45
  • 「セラピードッグの世界」(日本経済新聞出版社)発刊。
2010
  • 美瑛コンサート。「TOKYO GINZA ライブスペシャル」スタート。
2011
  • 3月11日、東日本大震災発生、直後の死者24,720人。約5800匹にのぼる犬と猫が被災して遺棄された。
  • 5月1日、犬3頭を連れて被災地に、石巻市・女川町に入り、被災者のためにセラピー活動を開始。
    06
2012
  • 「日本被災犬終身保護センター」建設にむけて活動を開始。
  • 「名犬チロリ」(岩崎書店)再版。
  • 「被災犬-命をつなぐ」(岩崎書店)発刊。
  • 12月、恒例の「大木トオル・クリスマス・チャリティーディナーショーVol.9」を被災犬救出に向けて開催。
2013
  • ブルースシンガーとして45周年を迎える。
  • ふる里日本橋でのチャリティコンサートは10周年を迎える。
  • すて犬の救助とセラピードッグ育成は36周年になる。

a href=”http://toru-oki.x0.com/wp-content/uploads/2013/07/46.jpg”
/li